気象予報士という生き方

森田正光

第一線で活躍する日本最年長お天気キャスター
「森田さん」が気象に携わる50年あまりを語る

定価
968円(本体880円+税10%)
ISBN
9784781680842
JANコード
1920295008804
発売日
2022年9月12日
判型
新書判  
製本
ページ数
208ページ
カテゴリー
ビジネス・経済
シリーズ
イースト新書Q

詳細Detail

  • 内容紹介

日本最年長お天気キャスター・森田さんが気象業界の50年余りと人生を語る


気象観測データや数値予報資料を解析し、気象予報を行う気象予報士。お天気キャスターを目指して資格を取得する人も増加しています。天気予報は毎日の生活だけではなく、農林水産業、交通機関、流通・小売業、イベント・旅行産業など多くの産業にも重要な情報です。本書では、気象業界や気象予報士の歴史や仕事内容を一望し、特殊な資格ならではのエピソードや魅力を紹介。また、気象予報士を目指す人たちへ向けて、適正や心構え、勉強法などについても解説します。


目次

■はじめに

■第1章 幼少期から日本気象協会を独立するまで

甚大な被害を出した伊勢湾台風/プラネタリウムに憧れ、さまざまなアルバイトを経験/日本気象協会東海本部の職員になる/

名古屋から東京へ/前代未聞の「3回連続穴あけ」事件を引き起こす/解説はわかりやすく、やさしく、自分の言葉で/生放送でアンパンをガブリ/倉嶋厚さんに憧れて/「今を語る天気予報」へ方向転換/天気予報のニーズは人それぞれ/独立のきっかけは湾岸戦争/洗濯指数と野村監督

■第2章 気象予報士制度ができてから

会社設立と同時に気象予報士制度ができる/夕刊紙の見出しに「森田さん落ちる!」/「あしたはあした」の意味/お天気キャスター養成所「森田塾」/気象予報士とお天気キャスターの違い/リアルタイムの解説が重要/「伊豆七島夕日生中継」でハプニング/死ぬかと思った「富士山頂生中継」/「日食病」を罹って12年

■第3章 気象予報の歴史と発展

天気図、気象予報の始まりと歴史/気象観測がすべてのきほん/数値予報の誕生/天気予報における三種の神器/

世界気象機関(WMO)/「気象業務法」と「気象予報士制度」/気象予報士の仕事と予報業務許可事業者とは/気象予報を行っている機関/気象予報士の勤務体制

■第4章 気象予報士になるには

受験資格と試験内容/勉強の取り組み方/どうやって、どこで学ぶ?/学科試験と実技試験の勉強のポイント/

参考書のステップ/理科嫌いの克服術/時間がない人の克服術/資格を取ってから

■第5章 これからの気象予報士

気象予報士の適性/動物観測季節の廃止から発展継続へ向けて/「本物」を知る魅力を教えてくれた島バナナ/もし、天気予報がなかったら?/気象学は曖昧な学問/気象産業の課題、増える予報の種類

■おわりに

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev