ヨシキ×ホークのファッキン・ムービー・トーク!

高橋ヨシキ 著 / てらさわホーク

すべての映画は政治的だ!

定価
1,870円(本体1,700円+税10%)
ISBN
9784781619040
JANコード
1920074017003
発売日
2020年8月19日
判型
四六判  
製本
ページ数
224ページ
カテゴリー
エンターテインメント

詳細Detail

  • 内容紹介

すべての映画は政治的だ!ディストピア化する世の中にファック・オフ!

ガラパゴス化する邦画市場、終わらない80’sリバイバル、不毛なポリティカル・コレクトネス論争、世界を埋め尽くすディズニー帝国の覇権、ファンダムの肥大と映画批評の行方……今、映画にある危機を語る。

『映画秘宝』二代目編集長・田野辺尚人氏との鼎談を収録。


〈「はじめに──てらさわホーク」より〉

世の中どんどん悪くなる。では、すべてを諦めて日々を無心に送れるかといえば、そんなわけもなく、嫌なことを忘れたり、とりあえず明日以降をまた生きたりするためには、映画(をはじめとした、それぞれの娯楽)は絶対に必要なのだ。


〈「おわりに──高橋ヨシキ」より〉

今の世界で最も注意しなくてはならないのは、他者に対する信じられないほどの冷酷さをおいて他にない。他者に対する想像力というものが、はなから存在しないかのように振る舞う連中も増えた。〈略〉何かを理解し、それに共感するためには想像力が必要だ。想像力は広義の文学(そこに映画も含まれる)を通じて養われるものである。



◎被害者しぐさを振り回すな!/◎情緒がすべてを正当化している…/◎懐かしさではなく、ただの聖人信仰/◎エロが見たけりゃ、ネットでも見てろ!/◎ディズニーは過去の遺産を食いつぶしている/◎需要と供給がプッシャーとジャンキーの関係に/◎観客もパブロフの犬状態になっている…/◎自分の映画史をしっかり持て!



〈目次〉

はじめに──てらさわホーク


第一章 ガラパゴス化する日本の現在地

  日本ではロケができない?

  身内/よそ者で区切る鎖国意識

  若者の「洋画離れ」ではなく、「金離れ」

  日本人の自我が、風景まで拡張している?

  『全裸監督』で描かれた「架空」の歌舞伎町

  日本の悪い面を描くと国辱映画?

  日本映画からリアリティが欠如してきている?

  日本のIPは流出している?

  「世界中で公開」という宣伝文句の実態

  作品の評価軸が「情緒」になっている?


第二章 終わらない「80’sリバイバル」と「ノスタルジー消費」

  量産される80年代作品の「リバイバル」「続編」

  スピルバーグが掘り当てた鉱脈「郊外映画」とその影響

  ファミリー向けを装いつつ、実は大人買い狙い?

  “ダサい”80年代カルチャーは漂白されている?

  「エアロビ映画」を思い出せ!

  トム・クルーズ、若作りしすぎ問題

  歴史修正主義としての『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

  興行収入ランキングで振り返る80年代映画


第三章 「アンチ・ポリティカル・コレクトネス」の不毛な議論に終止符を

  「ポリコレ」警察VS「アンチ・ポリコレ」派の実情

  PCの起源は「言い換え」運動から

  ハリウッドにおけるキャスティング考

  「ショック・バリュー」の意味を知れ!

  「被害者しぐさ」に隠された、屈服させたい欲

  「#MeToo」運動に行き過ぎはない

  映画祭について回る政治色


第四章 世界がディズニファイされていく

  ディズニーの席巻はいつからか?

  資本主義が当たり前、映画が製品となった世界

  マーチャンダイジングで埋め尽くされる

  ジョン・ラセターに漂う仄暗さ

  挑戦を忘れたディズニーの危機

  ディズニーランドのやりがい搾取

  プッシーとジャンキーの関係に?

  「パブロフの犬」状態になった観客


第五章 映画批評に未来はあるか

  『ジョーカー』も『ダークナイト』も、自称ジョーカー?

  子どものころに触れた映画評論

  「後追い世代」じゃいけないか?

  伝説の『悪趣味洋画劇場』ができるまで

  「映画秘宝」が掲げた編集方針

  ヨシキ、ホークが「映画秘宝」に参加するまで

  「秘宝系」という括りについて

  「映画批評」のゆくえとは?


おわりに──高橋ヨシキ

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev