師匠 歌丸 背中を追い続けた三十二年

桂歌助

「ほめる人は敵と思え、叱る人は味方と思え」と、
こんなに叱ってきたのに、なかなか成長してくれない弟子なんです――桂歌丸
初の直弟子が描く師匠と歩んだ落語家人生。
師匠としての桂歌丸の姿が、いまはじめて明かされる。

定価
1,620円(本体1,500円+税8%)
ISBN
9784781616933
NDC分類
779
発売日
2018年7月13日
判型
46  
製本
ページ数
240ページ
カテゴリー
エンターテインメント

詳細Detail

  • 内容紹介
  • 目次

一九八五年、東京理科大生の無口な男がなぜか落語家を志し、桂歌丸の門を叩いた。
けっして弟子を褒めない歌丸だったが、その陰では無限の愛情を持って弟子を支えていた。
不器用な弟子はそれに気がつかず、ついには「クビだ」と怒らせてしまうが……?
数々のしくじりを重ね、悪戦苦闘しながらも、師匠を追い続けた日々。弟子と師匠の三十二年を赤裸々に語る。



桂 歌助(かつら・うたすけ)

昭和37年9月19日生まれ。新潟県十日町市出身。東京理科大学出身。

昭和60年12月 師匠歌丸に入門、歌児となる 。昭和61年5月 前座になる 。

平成2年6月 二ツ目に昇進、歌助に改名 。平成11年5月 真打昇進。

趣味は草野球、ヘボ碁、旧街道歩き。

はじめに

第一幕 入門
直訴
おかみさん
本当に行くべきか
一時面接
生い立ち

第二幕 前座
同期
前座見習い
歌丸流、前座の身のこなし方
前座仲間
教育実習には行くな

第三幕 二ツ目
二ツ目前夜
二ツ目昇進
まずはおかみさんに
「おまえはいったい、誰の弟子なんだ」
クビ宣言

第四幕 真打
真打前のしくじり
真打昇進
「真打になったとき、どうするか」
「笑点」でしくじった
真打披露興行

最終章 それから
初心に返る
認めてくれたのかもしれない
最大のほめ言葉
師匠の背中

おわりに

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev