異説で読み解く明治維新 「あの謎」がすっきり解ける10の物語

河合敦

本当は幕府を倒す必要はなかった!?
テレビで人気の歴史研究家が、教科書が書かない学説をわかりやすい語り口で解説!

定価
1,430円(本体1,300円+税10%)
ISBN
9784781615998
NDC分類
210
発売日
2017年10月13日
製本
ページ数
256ページ
カテゴリー
歴史・地理

詳細Detail

  • 内容紹介
  • 目次
日本史ファンのあいだで、戦国時代と並んで圧倒的な注目度を誇る幕末・維新の時代。幕府側と新政府側、さまざまな勢力の思惑が複雑にからみ合い、「昨日の味方は今日の敵」といった状況が続き、その人間関係は相関図を描くのが困難なほど複雑だ。また、明治維新に関する本も、書き手の立場によって見方が異なるため、その真実ははっきりしない。わかりやすい解説でテレビでも人気の歴史研究家が、それぞれの説を読み解くことで真実に迫るとともに、明治維新の流れが教科書よりわかりやすく理解できる一冊。


河合 敦(かわい・あつし)

1965年東京生まれ。多摩大学客員教授。元高校教師。高校で日本史を教えるかたわら、歴史研究家、歴史作家として執筆活動を行ってきた。著書は200冊を超え、近著に『変と乱の日本史 歴史を変えた18の政変とクーデター』(光文社)、『いっきに!同時に!世界史もわかる日本史』(実業之日本社)、『ニュースがよくわかる教養としての日本近現代史』(祥伝社)などがある。
はじめに みなさんの「明治維新」のイメージがくつがえる本  

異説1 明治維新は孝明天皇が主導したものだった⁉ 

幕末に天皇の存在を再発見させたキーマン 
すでに天皇の存在を意識していた幕末の庶民たち 
なぜ、尊王攘夷論は水戸藩から生まれたのか 
天皇が外交問題に介入したきっかけ 
井伊直弼の圧政、和宮降嫁の舞台裏で動いた面々 
水戸を訪れていた吉田松陰 3‌3
歴史のうねりは孝明天皇の真意とは違う方向へ

異説2 幕末の日本は英仏に侵略されかけていた⁉ 

幕末に二千人を超える英仏軍が駐屯した横浜 
将軍に無断でイギリス軍の駐屯を認めた幕臣 
横浜ライフを満喫した英仏軍兵士 
幕府によって独占された英仏軍の軍事技術 
イギリスが画策した対日戦争計画 

異説3 幕府を追いつめたのは薩長ではなく世直し一揆だった⁉ 

横浜の外国人による搾取に怒った農民たち 
幕末の農村に現れた「格差社会」 
大藩がなかったため治安が悪かった江戸郊外
傷害、強姦、窃盗を禁じた「武州世直し一揆」 
江戸に戻ってきた新選組に与えられたミッション 
譜代大名の軍勢に次々と鎮圧される一揆 
自由民権運動の中心となった元農兵たち 

異説4 幕府を倒さなくても明治維新は実現していた⁉ 

じつは幕末の京都に幕府とは別の政権があった 
徳川慶喜が将軍就任を渋った理由 
将軍就任のために外堀を埋めていく慶喜 
明治政府以上に近代的だった末期の幕府組織 
情勢を急変させた原市之進の死 
西周が提案したヨーロッパ並みの新政治体制 
薩摩藩の挑発に乗ったことで決した幕府の運命 


異説5 勝海舟は新政府軍に徹底抗戦するプランも持っていた⁉ 

大坂から江戸に逃亡した徳川慶喜の本音 
巧妙だった勝海舟の新政府軍抑止計画 
対徳川強硬派だった西郷隆盛の心が折れた理由 
新政府軍の勝海舟暗殺計画 
鹿児島に去った西郷、静岡に去った海舟 

異説6 会津藩や東北各藩は「悲劇の主人公」ではなかった⁉ 

「新政府軍=テロリスト」論の虚実 
じつは新政府軍と内通していた新発田藩 
藩主は自殺、佐幕派の首魁は切腹させられた村上藩 
新政府と大藩の思惑に翻弄された天童藩 
タッチの差で「元勲」になり損ねた吉田大八 

異説7 奇兵隊の本当の敵は幕府ではなく長州藩だった⁉ 

明治維新の陰の立て役者「草莽」とは 
「草莽」を組織化した高杉晋作 
なぜ、幕末の農民たちは武器を手にとったのか 
藩に利用された草莽集団 
長州藩に刃を向けた奇兵隊 
薩摩藩の支援を断った木戸孝允 
歴史の陰に葬られた草莽たちのその後 

異説8 維新史のカギを握っていたのは女性たちの思いだった⁉ 

桂小五郎を長州に連れ戻した幾松 
坂本龍馬の妻お龍のさびしい後半生 
ふとんの上で惨殺された芹沢鴨の愛妾お梅 
徳川家存続のために和解した天璋院篤姫と和宮 
大河ドラマが描かなかった会津城での山本八重の活躍 

異説9 維新史のカギを握っていたのはキリシタンだった⁉ 

倒幕派が先導したといわれる「ええじゃないか」「御蔭参り」 
キリシタンの蜂起を狙っていた坂本龍馬 
新政府の宗教政策のカギを握った四万三千石の津和野藩 
拷問されても改宗を拒み、弾圧をあきらめさせたキリシタンたち 
みずから新政府に廃絶を願い出た興福寺 

異説10 震災、台風、伝染病……明治維新は天災が引き起こした⁉ 

大震災が起こると政権が崩壊する法則 
安政東海地震後の対応を誤った徳川斉昭 
藤田東湖の震災死は本当に美談だったのか 
幕府の財政難が日米関係に与えた影響 
甚大な被害を受けたお台場、ストレスで死去した阿部正弘 
コレラの流行で高まった攘夷思想 
江戸でのコレラ・パンデミックと民間療法の流行 

主な参考文献  

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev