がんは治療困難な特別な病気ではありません!

真柄俊一

すべてのがん患者さんへ。「近藤理論」を信じると早死します。実際にがんを治した医師が伝える「後悔しないがん治療」の実際。

定価
1,430円(本体1,300円+税10%)
ISBN
9784781614625
NDC分類
490
発売日
2016年8月18日
製本
ページ数
240ページ
カテゴリー
暮らし・健康

詳細Detail

  • 内容紹介
  • 目次
近藤理論批判本はこれまで多数あり、様々な専門医が「がんもどき理論」を中心に近藤氏批判を繰り広げていますが、では「どの治療法」を選択すべきか、という患者が本当に知りたい情報まで書かれているものはありません。本書は単なる「近藤誠」批判だけでなく、がん死亡率が下がっているアメリカで取組まれたがん治療の趨勢と、「食」を見直すだけでがんが改善された事例を豊富に紹介します。※特定植物成分やサプリへの誘導はありません!


真柄・俊一(まがら・しゅんいち)

1939年、新潟市に生まれ。64年、新潟大学医学部を卒業。
産婦人科医、第一生命医事研究室勤務を経て、2003年に
自律神経免疫療法によるがん専門医院、素問八王子クリニックを開業し、現在に至る。

日本自律神経免疫治療研究会会員、全日本鍼灸学会会員。
著書に『がんを治す「仕組み」はあなたの体のなかにある』(現代書林)『がん、自然治癒力のバカ力』(現代書林)『がんを治すのに薬はいらない』(幻冬舎)『遺伝子群の働きを正常化すれば、がんは治せる』(現代書林)『食は現代医療を超えた』(現代書林)がある。
まえがき

第1章
自然治癒力を見過ごす日本医療と
「近藤理論」を信じると、早死にする
 ・再発がんが簡単に消失したもう1人の症例
 ・日本の「がん死亡率」を欧米なみに下げることは十分に可能
 ・こんなに差がある、日本と欧米の「がん死亡率」 他

第2章
国をあげてがんに取り組んだアメリカ、
いつまでも何もしない日本
 ・WHO発「肉はアスベスト・タバコ並みの発がん性」の衝撃
 ・がんに向き合う日本とアメリカの差
 ・ニクソン大統領の「がん征服戦争」発令 他

第3章
「食」でがんは克服できる
 ・「病気と食」の関係に気付いた先駆者たち
 ・世界初、がんを「食」で治したゲルソン療法
 ・移民労働者は高齢者ほど元気なことに気付いた、マクドゥーガル博士 他

第4章
心を変えればがんは治る
 ・進行がんが劇的に回復した人に共通する「考え方」と「食事」
 ・心の持ち方を変えれば体も変わる
 ・「食事療法・メンタルケア」併行治療の相乗効果 他

第5章
「自然療法」でがんに打ち克った人たち
 1 「余命半年」告知から10年、87歳の今も元気な毎日
 2 大腸がんの手術後に肝転移、3度の再発も克服
 3 すさまじい抗がん剤治療後に出会った「自然療法」 他

あとがき

付章
コリン・キャンベル著『チャイナ・スタディー』より
癒着に支えられている「科学」の暗部
 ・イカサマ商法と健康詐欺
 ・「科学の砦」の中での役割
 ・政府系“栄養委員会”新設の裏側 他

参考文献

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev