一億総他責社会

片田珠美

なぜ他人の行為、言動が我慢できず、「自分だけがつらい」と訴えるのか。

定価
930円(本体861円+税8%)
ISBN
9784781651125
JANコード
1920230008616
NDC分類
361
発売日
2019年2月8日
判型
新書判  
製本
ページ数
216ページ
カテゴリー
政治・社会
シリーズ
イースト新書

詳細Detail

  • 内容紹介
  • 目次

管理職と若手、正社員と非正規。家庭持ちと独身。男と女、夫と妻……。立場の異なるもの同士が「自分だけが損している」と訴え、相手の悪口を言い、ときに「《加害者》である相手に鉄槌を下す権利が自分にはある」と信じて攻撃する。他人の行為、言動が我慢できず、「自分だけがつらい」と訴えるのはなぜか。誰もが被害者意識を抱いていて、余裕がなくなった現代社会の心理を、人気精神科医が診察室から見た風景や時事問題などの具体的な事例を挙げながら分析する。

第一章:被害者意識と懲罰欲求/第二章:怒りがゆがめられる社会/第三章:過度に要求されるコミュニケーション能力/第四章:倫理観の崩壊、信用の失墜/第五章:一億総他責社会/第六章:この社会と向き合うための処方箋

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev