誤解だらけの沖縄と領土問題

八幡和郎

沖縄と離島に迫る中国、韓国、ロシアの「魔の手」……平行線をたどる議論に終止符を打つ!

定価
998円(本体907円+税10%)
ISBN
9784781651095
JANコード
1920230009071
NDC分類
319
発売日
2018年10月5日
判型
新書判  
製本
ページ数
256ページ
カテゴリー
政治・社会
シリーズ
イースト新書

詳細Detail

  • 内容紹介
  • 目次
世界的に海洋国家として知られている日本。中国との尖閣諸島問題、韓国との竹島問題、ロシアとの北方領土問題の存在は誰もが知るところだが、実際には中国は沖縄本島を、韓国は対馬を、ロシアは北海道を虎視眈々と狙っている。そして、あまりにも「領土」の定義と、その歴史的背景について知らない日本は、彼らのなすがままに翻弄されている。数々のベストセラーを輩出した博覧強記の歴史作家が、冷静な視点から、基地問題や独立論争で揺れる沖縄の本土とのあいだに横たわる歴史に関する認識の違いと、日本の「辺境」の問題に関する議論の間違いをただす。
第一部 誤解だらけの沖縄問題
第一章 本当は独立してもメリットがない沖縄県
第二章 本当は一度も中国領だったことはない琉球王国
第三章 本当は奇跡的に日本領となった南西諸島
第四章 本当は旧来型の保守「政治屋」だった翁長雄志知事
第二部 誤解だらけの領土問題
第五章 本当は日本人が誰も知らない「領土」の定義
第六章 本当は朝鮮半島を支配していた古代日本
第七章 本当は日本の領土を狭めただけだった鎖国
第八章 本当は北方四島より樺太と北海道が大事なロシア
第九章 本当は日本のオウンゴールだった竹島問題

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev