マーベル・シネマティック・ユニバース音楽考 映画から聴こえるポップミュージックの意味

添野知生 著 / 高橋芳朗

MCUが起こしたサウンドトラック革命!

定価
2,200円(本体2,000円+税10%)
ISBN
9784781620961
JANコード
1920074020003
発売日
2022年7月20日
判型
四六判  
製本
ページ数
368ページ
カテゴリー
エンターテインメント

詳細Detail

  • 内容紹介

MCUが起こしたサウンドトラック革命!


MCU作品はヒーローたちの個性が光る“アクション”や“人間ドラマ”が魅力的だが、同時にヒーローたちの活躍に彩りを与える“音楽”もまた魅力の一つと言える。オリジナルの劇伴や歌だけでなく、往年の名曲を取り入れるなど、それぞれの作品の個性をより色濃く際立たせている。本作ではフェーズ1〜3の23作品で使用された140曲以上に及ぶポップミュージックの背景や選曲意図を徹底考察!その選曲の意図や効果について、作品ごとに様々な角度から徹底的に分析・考察する!


「ポップミュージックと映画を結びつけ、両者に橋を架けること。映画の歴史全体に照らしても、50年分の華々しい達成のあとでさえ、マーベル・スタジオが今行っていることは、特別で大きなものだと私たちは考えています。のちに「マーベル・シネマティック・ユニバース」と呼ばれることになる映画シリーズが2008年に始まったとき、つまり『アイアンマン』が公開されたとき、開巻いきなり響きわたるハードロックがすべての変化の始まりでした。そこにはすべての予兆が含まれていたと、今ならはっきりとわかります」(本書まえがきより)


【CONTENTS】

PROLOGUE(添野知生) 


PHASE 01

アイアンマン (2008年公開) 

インクレディブル・ハルク (2008年公開) 

アイアンマン2 (2010年公開) 

マイティ・ソー (2011年公開) 

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー (2011年公開) 

アベンジャーズ (2012年公開) 

My Best Songs in MCU PUNPEE

My Best Songs in MCU 北村紗衣 


PHASE02

アイアンマン3 (2013年公開)

マイティ・ソー/ダーク・ワールド (2013年公開) 

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014年公開)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (2014年公開) 

メレディス・クイル選曲Awesome Mix 完全版 ©Spotify 

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (2015年公開)

アントマン (2015年公開)


My Best Songs in MCU 宇多丸(RHYMESTER)  / 荻上チキ 


PHASE03

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (2016年公開) 

ドクター・ストレンジ (2016年公開)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス (2017年公開)

スパイダーマン:ホームカミング (2017年公開)

マイティ・ソー バトルロイヤル (2017年公開)

ブラックパンサー (2018年公開) 

映画全体を外側から見つめ直す立体的なアルバム「Black Panther: The Album」 解説(小林雅明) 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー (2018年公開)

アントマン&ワスプ (2018年公開)

キャプテン・マーベル (2019年公開)

アベンジャーズ/エンドゲーム (2019年公開)

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム (2019年公開) 

EPILOGUE(高橋芳朗) 

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev