スピッツ論  「分裂」するポップ・ミュージック

伏見瞬

なぜ彼らは誰からも愛されるのか? 初の論考、ついに刊行。

定価
1,870円(本体1,700円+税10%)
ISBN
9784781620350
JANコード
1920095017006
発売日
2021年12月17日
判型
四六判  
製本
ページ数
280ページ
カテゴリー
エンターテインメント

詳細Detail

  • 内容紹介

なぜ、スピッツはこれほどまでに愛されるのか?


ポップでマニアック、優しく恐ろしく、爽やかにエロティック。

稀代のバンドの魅力を「分裂」というキーワードで読み解く画期的論考。"


【目次】

第1章 密やかさについて ─ “個人”と“社会”

第2章 コミュニケーションについて ─ “有名”と“無名”

第3章 サウンドについて ─ “とげ”と“まる”

第4章 メロディについて ─ “反復”と“変化”

第5章 国について ─ “日本”と“アメリカ”

第6章 居場所について ─ “中心”と“周縁”

第7章 性について ─ “エロス”と“ノスタルジア”

第8章 憧れについて ─ “人間”と“野生”

第9章 揺動(グルーヴ)について ─ “生”と“死”

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev