僕と魚のブルーズ 評伝フィッシュマンズ

川崎大助

「バンドは、つづければ、つづけるほど、よくなるんだよ」
──佐藤伸治

定価
2,310円(本体2,100円+税10%)
ISBN
9784781619873
JANコード
1920095021003
発売日
2021年6月17日
判型
四六判  
製本
ページ数
456ページ
カテゴリー
趣味・実用

詳細Detail

  • 内容紹介

「バンドは、つづければ、つづけるほど、よくなるんだよ」

──佐藤伸治


デビュー30周年記念出版。


フロントマン佐藤伸治をデビュー前から

間近で取材し続けた著者が鮮やかに蘇らせる、

90年代を駆け抜けた伝説のバンドの軌跡。


今でも新たなファンが生まれ、国内外で高い評価を受ける

フィッシュマンズの決定版評伝。


増補新版、未公開写真+プロモ用ミニブック

「after GO GO ROUND THIS WORLD」「Stop-Action Fishmans」収録で復刊。



「独自の分析と深い愛情が、

今も圧倒的なエネルギーで迫ってくる。

フィッシュマンズを鳴らし続ける僕らの気持ちは、

この本を読めばわかる」

──茂木欣一



ドキュメンタリー映画「映画:フィッシュマンズ」

2021年7月9日全国公開。



目次


90年12月 「きょうは、シンジは、いません」

91年 らしくない大器、デビュー

92年 涙ぐむような音楽

92年 ラジオ・デイズ

93年 新しいヤンキーたちの夜明け

94年1月~6月 渋谷は燃えているか?

94年6月〜12月 「夕焼けの色だよ」

95年 「まだ夏休みは終わってない」

96年 空中のシーズン

97年〜98年 残響の彼方へ

1999年3月15日、3月20日

それから

さらに、それから





川崎大助

1965年生まれ。88年、ロック雑誌〈ロッキング・オン〉にてライター・デビュー。93年、インディー・マガジン〈米国音楽〉を創刊。編集/発行/グラフィック・デザインを手掛ける。レコード・プロデュース作品も多数。2010年より、ビームスが発行する文芸誌〈インザシティ〉に短篇小説を継続して発表。おもな著書に長篇小説『東京フールズゴールド』(河出書房新社)、講談社現代新書『日本のロック名盤ベスト100』、光文社新書『教養としてのロック名盤ベスト100』などがある。

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev