ワークスタイル・アフターコロナ 「働きたいように働ける」社会へ

松下慶太

リモートワーク/ワーケーション/シェアオフィス……多様化する「職場」と、幸せな「働き方」の未来を探る!

定価
1,540円(本体1,400円+税10%)
ISBN
9784781619644
JANコード
1920030014008
発売日
2021年3月9日
判型
四六判  
製本
ページ数
240ページ
カテゴリー
ビジネス・経済

詳細Detail

  • 内容紹介

「仕事場」の多様性が、幸せな「働く」を生む!

「居心地の良さ」こそが、最大の企業価値に──


・経験してわかった「リモートワーク」の課題とは?

・「ワーケーション」で長時間労働は改善するか?

・オフィス不要ではなく、「焚き火的オフィス」が求められる?



コロナ禍をワークスタイルという「やっかいな問題」に向き合うチャンスに!


 組織へのエンゲージメントは、マネジメントや組織文化の課題として捉えられることが多い。一方、二〇一九年のリクルートキャリアによる「働く喜び調査」によると、二〇一三年からの継続調査のなかで働く喜びを感じている割合は、二〇一七年に三六・一%と底を打ち、二〇一九年には四四・五%に上昇していることが示された。そして、働く喜びを感じる対象は、収入よりも快適な環境であったことが示唆されている。

 ここで言う「快適な環境」とは、「無理せずに働くことができる」「落ち着いて今の仕事を続けられる」「希望する場所で働けている」などであった。これらのデータからわかるのは、私たちは働きたくないわけではなく、「働きたいように働けていない」ということである。私たちは、「働きたいように働きたい」のだ。(略)

 アフターコロナのワークスタイルをデザインすることが、今までのように働けないという課題を乗り越えるのではなく、私たちが働きたいように働ける社会をつくるためのプロセスになる。本書がそのきっかけになれば幸いである。〈──本文より〉


〈目次〉


PROLOGUE  コロナ禍で「ライフスタイル」はどう変わったのか?


コロナ禍による「ニューノーマル」とは何か

不測のテレワーク実施から見えた普及の実現性

ワークスタイルとは「やっかいな問題」

「問題」を「課題」として設定する必要性


CHAPTER1  「リモート・ネイティブ」はどんな世界を生きているか?


新たなる「リモート・ネイティブ」の登場

マスメディアがつくった「テレ」の世界観

モバイルメディアがもたらした「フィット」を目指す世界観

「1対n」と「n対n」が入り混じる

「連帯のキー」としてのハッシュタグ

「インスタ疲れ」からの「ストーリー」機能という逃げ道

5Gによって「つながりっぱなし」の時代に

オフラインとオンラインの関係は三つの方向へ

移動・対面・共有における価値転換と「ギグ・エコノミー」による格差


CHAPTER2  「オフィス」はどこになるのか?


コロナ禍がもたらした「WFH」の経験

「バーチャル・オフィス」から見えるオフィスの本質

オフィス「改善」における三段階の歴史

「コワーキング・スペース」の背景にあるコミュニティへの希求

ワーキングスペースの多様化は、オフィスの拡張か、拡散か

「井戸」的オフィスから「焚き火」的オフィスへ

「モニュメント」化していくオフィス

「サードプレイス」の要素まで入り混じる空間に

「PBW」から「SBW」への働き方の変化


CHAPTER3  「通勤」と「会議」に意義はあるのか?


無駄な通勤にあった「潜在的な機能」

「オンライン会議」によって会議は減らせるのか

オンライン・コミュニケーションで生じる「モヤモヤ」の正体

「飲みニケーション」は消えていくのか


CHAPTER4  「テレワーク」と「ワーケーション」は広がるのか?


行政によるテレワークへの「動員」の流れ

「WFH」から自宅に限らない「WFX」へ

快適なワークプレイスのポートフォリオとは

「ノマド・ブーム」とはなんだったのか

仕事と休暇を兼ねた「ワーケーション」の登場

地域、企業、ワーカーそれぞれが得られるメリット

「三方良し」を実現した企業・地域の導入事例

「スタイル共同体」かつ「実践共同体」である日本型ワーケーション

ワーケーション2・0に向けた「三つのH」

本当にワーケーションは広まるのか


EPILOGUE  アフターコロナの「ワークスタイル」とは?


ニューノーマルにおけるリモートワークのゆくえ

主流となるであろう「ハイブリッド」なワークスタイル

「集まる/離れる」×「移動する/留まる」で分類できる四つの活動モード

ワークスタイルの方向性を見出すための「三つのS」

「働きたいように働ける」社会へ

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev