となりの妖怪さん(1)

noho

「うちの猫、猫又になるかもしれんくて…」
妖怪と人と神様が、暮らすこの町の日常は、
のんびりほのぼの、ときどき不思議。

定価
821円(本体760円+税8%)
ISBN
9784781616728
JANコード
1920979007604
NDC分類
726
発売日
2018年7月10日
判型
B6判  
製本
ページ数
248ページ
カテゴリー
コミック

詳細Detail

  • 内容紹介
  • 目次
妖怪と人と神様が、ふつうに暮らす田舎町の日常は、
のんびりほのぼの、ときどき不思議。

ある夏、二十歳の長寿猫・ぶちおは、突如進化して猫又になる。
「自分が妖怪になった理由」を探して思い悩むぶちおは、
化け狐の百合に、「化け学」を習いはじめるが…。

お山を守る脱力系カラス天狗・ジローと少女むーちゃん。
「天狗の仕事」を覗き見していた むーちゃんは、
別人のようなジローの姿を目にする。

そんなとき、町には不吉を呼ぶ「鵺」が現れたと噂され──

Twitter発の「異類日常譚」、待望の書籍化。
第一巻では、ぶちおの新たな未来を描く「猫又ビギニング」をはじめ、
ここでしか読めない描き下ろし新作エピソードを30P以上収録。


noho
静岡県在住のイラストレーター・漫画家。
緑茶と映画と犬が好き。
ある夏の日
猫又エボリューション
猫又ジレンマ
猫又ファーストコンタクト
いなりずしと神様と
猫又ファーストステップ
お盆の日
猫又レッスン
猫又レッスンⅡ
むーちゃんの不安
黒い影
河童の消しゴムと恋心
猫又バーベキュー
子ども相談室
リレーの練習
たそがれどきの森
猫又クライシス
緑ヶ森小学校運動会〈午前の部〉
緑ヶ森小学校運動会〈午後の部〉
ぶちお、東京へ行く
さびしさの影
猫又VS鵺
こいごころはこれいかに
怪しい霊にご注意を
猫又グロウス
天狗むかしばなし
天狗のこころ
緑ヶ森大蛇退治-2nd-前編
緑ヶ森大蛇退治-2nd-中編
緑ヶ森大蛇退治-2nd-後編
審判と夏のおわり
高い空と秋まつり
猫又リアライズ
猫又ビギニング

番外編 山本さんの新米マネージャー

あとがき

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev