一万年前 気候大変動による食糧革命、そして文明誕生へ

安田喜憲

地球の記憶を刻む「年縞」が解き明かす、
滅亡の危機を乗り越えた人類の生存戦略

定価
1,925円(本体1,750円+税10%)
ISBN
9784781610559
発売日
2014年1月20日
判型
46  
製本
カテゴリー
歴史・地理

詳細Detail

  • 内容紹介
  • 目次
危機の時代を生き抜いた生存戦略とは――

「年縞環境史学」が解き明かす人類史の謎



湖の底に静かに堆積し、長い年月をかけて美しい縞模様を刻んできた「年縞」、それは地球の記憶そのものだった。過去の標準時計として、世界から認められた日本の年縞が、次々と新たな事実を明らかにしていく。


安田喜憲(やすだ・よしのり)

1946年、三重県生まれ。東北大学大学院理学研究科博士課程退学。理学博士。国際日本文化研究センター名誉教授。東北大学大学院環境科学研究科教授。2007(平成19)年紫綬褒章受章。気候変動と人類の生活・歴史の関係を科学的に解明する「環境考古学」の確立者。著作に、『山は市場原理と闘っている』(東洋経済新報社、2009年)、『稲作漁撈文明』(雄山閣、2009年)『生命文明の世紀へ』(第三文明社、2008年)、『環境考古学事始』(洋泉社、2007年)、『一神教の闇』(筑摩書房、2006年)『気候変動の文明史』(NTT出版、2004年)など多数
はじめに――一万年という尺度で地球を読み解く

第1章
 「年縞」という画期的な年代測定法の発見
第2章
 大洪水・高潮・暴風雨・豪雪・気候大変動の時代
第3章
 土器と稲作がもたらした一万年という時間
第4章
 麦作と牧畜から始まる破壊の歴史
第5章
 縄文土器から生まれた心
第6章
 危機を乗り越える縄文人の知恵
第7章
 生命文明の時代へ
第8章
 日本が立ち上がるために

おわりに――日本が世界から注目を集めるとき

年縞の研究を支えていくふたりの研究者より 
 北川浩之/中川毅

オンライン書店で購入するPaper Books

イースト・プレスの紙の本は全国書店、オンライン書店でお求めいただけます。
※お近くの書店で在庫がない時は、全国の書店カウンターでお取り寄せいただけます。

新刊New Releases

next
prev